HtcTouchPro2Rev

それはすることが重要であり、ルールを遵守 | 価格の休日

お申し込み・お問い合わせ   営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)

交通安全について

Traffic safety

交通安全について

Traffic safety

歩行者の交通安全について

2015年10月19日


HtcTouchPro2Revでは、道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。また、高齢者の交通安全活 動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものと考えます。主に宮崎県内の既得免許者(普通・大型・自動二輪)を対象とした個人、団体、企業など、いずれも研修が受けられますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

[child_pages width=”33%” size=”thumbnail”]

歩行者の交通安全について

歩行者の交通安全について一緒に学ぼう

日常生活の中で歩道や路側帯を歩き、それらがない道路がある場合は車をカンタンに確認できるようにするために必ず右側を歩行するようにし車の動きに注意しましょう!また、歩道のない交通量の多い道路などでの立ち話など通行の妨げになるようなことは非常に危険ですのでやめましょうまた、電動いすなんかを使用するときは。歩行者としての交通ルールをしっかり自覚し、交通マナーをを守って快適な運転社会を築いていきましょう。また、十分に操作方法を取得した上で通行するようにしましょう。

歩行時に道路を横断するときあなたはどうしてますか??

横断歩道や信号機のある交差点が近くにあるときは、必ずその横断歩道や信号機のあるところを横断するようにしましょう。また、横断歩道橋や横断用地下道な どの安全に横断するための公共施設がある場合は、できるだけその施設を利用するようにしましょう。また、斜め横断はわたる距離が長くなり運転者にとって大変危険ですのでやめましょう。信号機のある場所では、青信号で安全を十分に確認してから渡り始め、横断中も右、左折車などに注意します。また、赤信号はもちろん、黄信号や歩行者用の信号の青色点滅でも横断せずに次のあおう信号を待ちましょう。

夜暗いときの歩行者は気をつけないと・・・・・

早朝や夕方、夜間、雨の日などは見通しが悪く、運転者から歩行者がよくみえず、非常に危険です。屋マンなどに道路を横断する機会のあるときは車の運転者からよく自分が確認できるように道路照明のあるところなどの明るいスポットを選んで横断しましょう。また、夜間などにおいては自動車の速度や遠近がわかりにくい場合が多々ありますので道路を横断するときは自動車が来ないことを十便に確認したうえでわたる ようにしましょう。また、夜間の交通安全として外出時の服装は出来るだけ黒っぽい感じの服装をやめて、目立つ色や蛍光など明るい服装を心がけるようにしましょう。

夜中に無灯火で自転車運転したりしてませんよね???

自転車を運転するときの交通安全対策のひとつとして、夕方や夜間、雨の日などの運転環境も悪く、見通しも悪い場所などでは、車から発見されやすくしなければならないのでかならずライトを点灯させ、無灯火で自転車運転を絶対に行わないようにしましょう。また、自転車の運転中は目立つ色や明るい炉の服装や反射材をつけるようにして自動車運転者からの発見もしやすいようにこころがけましょう。

バイクや四輪車で夜間の運転の注意点って???

夕方や夜間などや見通しの悪い天候などのときにバイクや四輪車に乗るときには、必ずライトの点灯を義務づけ、通常の運転よりも若干遅めでゆったりとした運転を心がけ運転に対して慎重な体勢をとりましょう。夕方や夜間は自動車が見えにくくなると同時に、自動車と歩行者との距離間隔がつかみにくくなってしまい非常の危険な状態になってしまうので、できるだけ控えるようにしましょう。また、対向自動車のライトにより目がくらんでしまったり危険を感じたときは減速もしくは徐行、停車をおこない周辺に安全を確認して安全運転を行いましょう。また、時折、自分の運転する自動車と対向自動車のライトにより、道路中央付近の歩行者が見えなくなってしまう蒸発現象が発生したりしますので十分に気をつけて運転を行いましょう。




разработка интернет магазина

ディテール

www.gas-energy.com.ua