HtcTouchPro2Rev

それはすることが重要であり、ルールを遵守 | 価格の休日

お申し込み・お問い合わせ   営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)
HtcTouchPro2Rev職員&体験談&口コミ&評判
雨による運転中の視界の悪化の
ご案内

雨による運転中の視界の悪化

2015年10月19日


雨による運転中の視界の悪化について

雨によって濡れたフロントガラスは光の透過率が悪く、視界が悪くなってしまいます。
雨の日に視界が悪くなってしまうのは歩行者、運転車の両方に共通している点で、他の車も自分と同じように司会が狭まり、さらに歩行者は傘をさしているので非常に視界が悪くなってしまいます。
自動車も歩行者も死角となる部分が通常の天候の日よりもかなり多くなってしまう分、歩行者、運転者両者の雨天時の動きへの注意が必要だといえます。

雨が降ってるときの自動車運転はすべりますよお~☆

皆さんも経験があると思いますが雨天時の自動車運転は大変路面が滑りやすくなっており、自動車の速度がでていると停止距離も長くなるので晴れのときよりも 自動車速度を落とすように心がけ、自動車同士の車間距離を十分にとって運転走行をおこないましょう。
また、雨天時運転の急発進や急ブレーキまた九ハンドルについては自動車体の横滑りなどを起こしやすくなっていますのでしないようにしましょう。
急ブレーキでどうしても自動車の動きを止めるときは、エンジンブレーキを使用したり、ブレーキの回数を分けるようにしましょう。また、運転時の自動車運転 において注意しないといけないのはレールや鉄板などの上を通るときです、路面電車のレールがぬれているときには、タイヤがレールに対してできるだけ直角に ちかい角度になるように心がけて横切るようにしましょう。
また、工事現場によくある鉄板やマンホールなどがぬれている場合は滑りやすいので急ブレーキをかけないようにしてあらかじめ自動車の速度を落として走行するように心がけましょう。



別れさせ屋 静岡県