HtcTouchPro2Rev

それはすることが重要であり、ルールを遵守 | 価格の休日

お申し込み・お問い合わせ   営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)

職員ブログ

Staff blog

職員ブログ

Staff blog

2017年10月14日

小山検定員


兵法・・・孫子、呉子の兵法
ここでは、孫武〔孫子〕という人物を少し考えてみたい。

太公望は別に釣りの神様ではない。
姜 呂尚といい、姜太公と呼ばれていた。

『殷』の国は西伯侯に見出された姜太公と
西伯侯の長子である 発(周の武王)
によって、6百年以上続いた歴史を終えた。

『周』の建国とその礎を成した兵法家が姜太公=太公望である。

太公望は、〈六韜〉という六冊にも及ぶ兵法書を残した。

また、
発は全国土を71州に分け、自身の血族をそれぞれの国の王とし、治めさせた。

この時の主な侯国の名は、後の戦国時代でよく聞くことになる。

斉、魏、宋、秦、晋、趙、燕、鄭、蔡、陳、楚などで、南方にある呉、越を除く。

孫武(孫氏)の時代は太公望の時代より、5百年もあとのことである。
 
時は、『周』の末期、東周と呼ばれた時代を超えて『春秋戦国時代』に入り、
12の国が二百年もの戦いの年月を重ね、今は『五覇国』に集約され、
さらに呉、越の二国が加わり、弱小国家を自己のもとに隷属させようと、
ありとあらゆる権謀術数を駆使して、熾烈な暗闘をつづけていた。
           (鄭飛石著小説孫氏の兵法より)

秦の策略

楚の霊公は詔書を読んで、直ちに大夫伍奢を呼んで訊ねた。

「秦王が天子の名でこんな詔書を送ってきたが、
 卿はこれをどう思われるか」

伍奢は詔書を慎重に検討してから、こたえた。

「秦はこの度の会合を《宗主国に朝貢するための闘宝会》
といってはいますが、
 実際は列国の諸侯を一堂に集めて、いっきに降伏にもちこもう
とする凶計であることに間違いなさそうです」

「卿は何を根拠にそういわれるのか」

「いま天下の大勢をみてみますに、国土が広闊な点においても、
また軍隊が百万をこえる点においても、秦にかなう国はございません。
それゆえ、彼らは早くから天下に君臨する野心を抱いていながらも、
ただ、晋と楚のために、それを果たせなかったのです。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




ry-diplomer.com/diplomy-v-shakhtakh

https://bestseller.reviews

www.medicaments-24.net